読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガせどりで稼ぐ!副業情報局

主にマンガせどりの情報を中心に紹介するブログです

BOOKOFFも選ぶ時代

f:id:geleblog:20170410003943j:plain

こんにちは、Mr.セドラーです。

 

BOOKOFFの最近の動き」

コミックをせどりしようとすると必ずお世話になるのが、このBOOKOFFBOOKOFFが大量に仕入れて、テキトーな価格で販売してくれるからこそ、コミックせどりも成り立つわけで、足を向けて寝られません。

 

 

とはいえ、BOOKOFF にも最近動きがあるのをご存知でしょうか?

 

 

売り上げが下がっていて、価格が上昇しているようです。それに伴い、さらに一般客が減少と苦しい悪循環に陥っているようです。BOOKOFF が潰れると、私たちも仕入先が減ってしまいますから、深刻です。頑張れ!BOOKOFF!!

 

 

とはいえ、BOOKOFFも手をこまねいているわけではなくて、新しいことを試みています。その一つが…

 

 

ヤフオクとの提携」

 

 

ですね。ここに注力しているようで、最近ではコミック全巻セットにも「ヤフオクでも販売中」と書かれた商品が多くなって来ました。

 

 

ただ、これは私たちには迷惑な話でヤフオクでの販売価格自体は現在ではAmazonと比較してもそんなに差がありませんので(というかAmazonで値段を調べて出品する人が増えています)、そんな全巻セットを買ってもどこにも出荷出来ないですよね。

 

 

ですので…

 

 

「全巻セットにヤフオクでも販売中が多い店は避ける」

 

 

とした方が効率的だと思います。ヤフオクに出すということはネット価格を参照しているということですから、そこで差益を得たいせどりビジネスにとっては旨味が必然的に少なくなります。

 

 

逆にヤフオクでの販売に消極的なお店はお宝を仕入れられることが多いようです。ありがたいお店ですね。

 

 

さて、BOOKOFFにはその他にも従来から言われている見分け方がいくつかあるので、ご紹介します。

 

 

「直営店とフランチャイズ店の違い」

要するにBOOKOFFが直接経営しているか、BOOKOFFとは別にオーナーがいて、BOOKOFFフランチャイズ契約をして経営しているかの違いです。

 

 

大きな違いは二つ、まずお店の看板の矢印を見て下さい。直営店は矢印が青、フランチャイズ店(以下FC店)は矢印が赤になってます。

 

f:id:geleblog:20170410003816j:plain

f:id:geleblog:20170410003827j:plain

 

もう一つはホームページの店舗検索をかけて、URLを見るとshopの後が2になっているのが直営店です。

 

 

なぜ直営店とFC店を見分ける必要があるかというと、直営店はセールを夏休みや年末年始くらいしかしませんので、お宝が眠っていやすいです。

 

 

FC店は毎月セールをやってますので、仕入れにくいです。ただ逆にどこでもありそうな商品(ワンピースとかナルト)を仕入れる時はFC店のセール時に仕入れるといいですね。

 

 

つまり、目的によって使い分けるためにどちらだったかを覚えておくとより仕入れが捗ると思います。参考になったでしょうか?